CSR活動

飲酒運転撲滅 TVCM

2006年8月25日、幼い3人の命が奪われた海の中道大橋の悲惨な飲酒運転事故以来、福岡県(飲酒運転撲滅条例の制定)・市・その他各団体等が一丸となって飲酒運転撲滅に取り組んできました。

その結果、飲酒運転事故は2006年の650件から2014年は153件と減少しました。

当社も福岡の交通関連企業として他の団体・企業と共に飲酒運転撲滅の活動に参加していますが、残念ながらこの年を境に増加に転じてしまいました。

微力ですが、一件でも減らすことができればとの思いから、テレビコマーシャルを制作し、福岡のテレビ局(RKB・FBS)で放送(2017年7月21日~8月25日)、更に秋の交通安全週間にあわせてTVQでも放送(9月17日~30日)しました。当社のCMが飲酒運転撲滅に少しでも役立つことを願います。

TVCM放送実績
放送期間放送局備考
2017年7月21日~8月25日RKB・FBS
2017年9月17日~9月30日TVQ秋の交通安全週間
2017年12月25日~2018年1月18日RKB年末年始飲酒運転防止
2017年12月27日~12月28日TVQ番組提供

TVCM1 『元へ戻れない』篇

TVCM2 『助からない』篇



当社の飲酒運転撲滅活動への取組みが西日本新聞3月25日朝刊に掲載されました。多くの団体・企業や行政・警察の方々と共に進めてきた地域活動と、若い女性が飲酒後に子供を交通事故に巻き込むという「ストップ(STOP)飲酒運転」のテレビコマーシャルが取材の対象となりました。今後も飲酒運転防止活動を継続していきます。

西日本新聞記事画像

飲酒運転撲滅活動

私たちは、交通インフラの一部を担う企業の責任として、福岡地区における「飲酒運転ゼロ」の運動に参画しています。

協賛の方たちと共に交通事故を防ぐ為、飲酒運転撲滅への意識を高めて、さらに運動が広がるように活動を続けていきます。

清掃活動の写真

清掃活動中の写真


ページトップへ戻る